最近需要が高まっている化粧品輸入代行業者【業者選びのコツとは】

業者の選び方に注意

倉庫

チェックすべきポイント

グローバル化が進む昨今では、海外との取引もごく小規模で行われるようになりました。場合によっては個人輸入して再販し、利益を得るような形の売買システムを使う人もいます。ただし、輸入するときに注意が必要なものも多くあり、化粧品もその一つです。化粧品の輸入には薬事法など複数の法律が絡んできます。海外では流通可能でも、国内では流通させられないものも多くあるのです。品質が安定していないおそれもあり、事前に検査を行ったり、副作用の有無をチェックしたりする必要があります。規模の小さい会社ではリスクが非常に大きいといえます。そのため、化粧品輸入代行を専門に行う業者も多くあります。コストはもちろんかかりますが、自社ですべて行うコストや万が一のときのリスクを考えるとむしろ安上がりです。ですが、化粧品輸入代行業者ならなんでもいいわけではありません。きちんと業者を見極めて依頼する必要があります。ポイントとなるのは料金の明確さ、サービスの対応範囲、これまでの実績です。化粧品輸入代行業者を定期契約するにしても、スポット契約するにしても、わかりやすく明確な料金体系であることは重要です。サービスの対応範囲もポイントで、国内に流通させるところまで行ってくれるところやパッケージングまで行ってくれるところはやはり使い勝手がよいです。化粧品輸入代行業の実績も確認しましょう。薬事や法律関連の英語はまた特殊なものがあり、商社や物流業者だからといって単純に対応できるわけではありません。これまでにどれくらい実績があるかを確認しておきましょう。

PICK UP

化粧品輸入業務を楽に行う

アイシャドウ

化粧品輸入代行サービスは、輸入に関する手続きや薬事法に沿った正しい対応を行ってくれます。今までこのような業務に手間がかかっていた場合には、化粧品輸入代行サービスを利用することで負担が軽減されます。人気の海外化粧品を取り扱いたいときには、化粧品輸入代行サービスがあらゆる面から役立ってくれるのです。

詳しく見る

なかなか難しい

トラック

ネットショッピングが当たり前になった今、海外の化粧品が簡単に買える時代になりました。良い商品を販売するためにも、販売する側にとって化粧品輸入代行業者はとても大事です。顔と顔を会わせて商談を行ってくれる、そんな業者と巡りあうといいですね。

詳しく見る

海外化粧品をビジネスに

女性

化粧品を輸入するには、成分分析を行い、各官庁に申請して許可を取り、海外メーカーと契約を結ぶ必要があります。化粧品輸入代行サービスは、こうした手続きを代行するだけでなく、OEM生産や国内販売のサポートも行っています。

詳しく見る

化粧品輸入の注意点

メイク用品

海外メーカーから化粧品を輸入して国内で販売する場合は様々な面でコストがかかります。それを踏まえて利益がでるか計算することが必要です。また化粧品輸入は薬事法が絡んできますので、化粧品輸入代行サービス会社を利用するのが賢い選択です。

詳しく見る