最近需要が高まっている化粧品輸入代行業者【業者選びのコツとは】

海外化粧品をビジネスに

女性

煩雑な手続きを代行

日本では売っていない素敵な化粧品を、海外で見かけることがあります。輸入して販売したら良いビジネスになると思っても、薬事法の壁があって簡単には運びません。そんなとき利用できるのが化粧品輸入代行サービスです。化粧品を輸入する前には成分分析を行って、日本の薬事法に適合しているか確認する必要があります。適合していても実際に輸入するには、化粧品製造業や化粧品製造販売業の免許が必要で、各官庁への届出をしなければなりません。また価格や納期について海外の化粧品メーカーと交渉し、契約を結ぶ必要もあります。化粧品輸入代行サービスは、こうした煩雑な手続きをまとめて代行してくれます。日本にいたまま化粧品輸入ビジネスを始められるのが、サービスを利用する大きなメリットです。輸入手続きだけでなく、OEM生産や国内販売をサポートしてくれる化粧品輸入代行サービスもあります。輸入販売が軌道に乗ってきたら、オリジナルブランドを立ち上げて知名度を上げるという戦略も取れます。その際には海外でOEM生産をするのが効率的でしょう。また国内での販売ルートを持っている化粧品輸入代行業者なら、スムーズに売り上げを伸ばすことも可能になります。化粧品輸入代行サービスの利用費用は、成分分析・各種申請・輸入手続きなど、それぞれに関して必要です。コストと利益を正確に予測するためにも、料金の内訳が分からないときは、細かく問い合わせてみましょう。

PICK UP

化粧品輸入業務を楽に行う

アイシャドウ

化粧品輸入代行サービスは、輸入に関する手続きや薬事法に沿った正しい対応を行ってくれます。今までこのような業務に手間がかかっていた場合には、化粧品輸入代行サービスを利用することで負担が軽減されます。人気の海外化粧品を取り扱いたいときには、化粧品輸入代行サービスがあらゆる面から役立ってくれるのです。

詳しく見る

なかなか難しい

トラック

ネットショッピングが当たり前になった今、海外の化粧品が簡単に買える時代になりました。良い商品を販売するためにも、販売する側にとって化粧品輸入代行業者はとても大事です。顔と顔を会わせて商談を行ってくれる、そんな業者と巡りあうといいですね。

詳しく見る

海外化粧品をビジネスに

女性

化粧品を輸入するには、成分分析を行い、各官庁に申請して許可を取り、海外メーカーと契約を結ぶ必要があります。化粧品輸入代行サービスは、こうした手続きを代行するだけでなく、OEM生産や国内販売のサポートも行っています。

詳しく見る

化粧品輸入の注意点

メイク用品

海外メーカーから化粧品を輸入して国内で販売する場合は様々な面でコストがかかります。それを踏まえて利益がでるか計算することが必要です。また化粧品輸入は薬事法が絡んできますので、化粧品輸入代行サービス会社を利用するのが賢い選択です。

詳しく見る