最近需要が高まっている化粧品輸入代行業者【業者選びのコツとは】

化粧品輸入の注意点

メイク用品

サービス内容をチェック

海外で作られた良い化粧品を国内に広めたいと考えたときには、国内で販売して利益を出せるかどうかよくよく考える必要があります。化粧品の輸入には輸入関税や輸送費だけでなく、通関費や輸入消費税、配送費など、色々な項目で費用が発生します。それらのコストを考慮した上で利益が出るか計算することが大事です。そして、化粧品輸入の際にネックになるのが薬事法です。個人輸入であれば規制は緩いですが、営業のための輸入はそう簡単ではありません。そんなときのためにあるサービスが、化粧品輸入代行です。化粧品輸入代行を行う会社は様々あり、サービスや料金にも差があります。しかし、基本的な業務は商品の購入や海外メーカーとの交渉、輸入通関手続きという点はほぼ同じです。これらの業務に配送の手配や納品までお願いするとなると、料金が高くなることを覚悟したほうがいいです。必要最低限の業務で十分なのか、それとも手厚いサービスを求めるのかを十分考えた上で化粧品輸入代行サービス会社を選んでください。また、見積もりを作成してもらうときは、明細までもらっておいたほうが安心です。数社以上の化粧品輸入代行サービス会社からもらった見積もりを比較すれば、相場が分かってきます。それから、化粧品を輸入するときには成分が検査されます。その際に役立つのが、成分表や検査資料などです。前もって海外メーカーから取り寄せた成分表などを提出しておくと、机上判定で検査が必要か不要かの判断ができ、なおかつ適した検査方法を選べます。こうした書類がない場合は丸々検査にかけなければいけないため、高額の検査料を負担しなければいけません。

PICK UP

化粧品輸入業務を楽に行う

アイシャドウ

化粧品輸入代行サービスは、輸入に関する手続きや薬事法に沿った正しい対応を行ってくれます。今までこのような業務に手間がかかっていた場合には、化粧品輸入代行サービスを利用することで負担が軽減されます。人気の海外化粧品を取り扱いたいときには、化粧品輸入代行サービスがあらゆる面から役立ってくれるのです。

詳しく見る

なかなか難しい

トラック

ネットショッピングが当たり前になった今、海外の化粧品が簡単に買える時代になりました。良い商品を販売するためにも、販売する側にとって化粧品輸入代行業者はとても大事です。顔と顔を会わせて商談を行ってくれる、そんな業者と巡りあうといいですね。

詳しく見る

海外化粧品をビジネスに

女性

化粧品を輸入するには、成分分析を行い、各官庁に申請して許可を取り、海外メーカーと契約を結ぶ必要があります。化粧品輸入代行サービスは、こうした手続きを代行するだけでなく、OEM生産や国内販売のサポートも行っています。

詳しく見る

化粧品輸入の注意点

メイク用品

海外メーカーから化粧品を輸入して国内で販売する場合は様々な面でコストがかかります。それを踏まえて利益がでるか計算することが必要です。また化粧品輸入は薬事法が絡んできますので、化粧品輸入代行サービス会社を利用するのが賢い選択です。

詳しく見る